『高度な技術への指標』~史上最高難度!?伝説の課題曲~

『高度な技術への指標』~史上最高難度!?伝説の課題曲~

吹奏楽の名曲、人気曲、吹奏楽コンクール課題曲編。今回は「課題曲史上最高難度」と名高い名曲、『高度な技術への指標』 をご紹介します。

『高度な技術への指標』はいつの課題曲?

作曲者は河辺公一(Koichi kawabe)、昭和49年度(1974年) 第22回全日本吹奏楽コンクールの課題曲Bです。

ちなみにこの年のその他の課題曲は、

A 吹奏楽のためのシンフォニア(小林徹) 

まだ課題曲が2曲しかなかった時代です。

史上最高難度!?『高度な技術への指標』はどんな曲?

『高度な技術への指標』はポップス課題曲の先駆けとも言われており、その題名からは想像できませんが、ポップスの要素が取り入れられており、初めてドラムセットが編成に入った課題曲でもあります。

作曲者の河辺さんによれば「スイング・ジャズの原型のいくつかを組み合わせて作った曲」であり、テンポの自由度も演奏者に委ねられている曲です。

「ポップス課題曲」ということの他に、その難しさがよく知られており「課題曲史上最高難度」といっても過言ではないでしょう。

近年佐渡裕率いるシエナ・ウインドが超高速で演奏して話題となり、広い世代に知られる楽曲となりましたが、初めて聴いた方は「これが課題曲!?」とびっくりされること間違いナシです。当時ネットがあったら、ネット上でも大いに盛り上がったことでしょう(笑)

冒頭、バンド全体のファンファーレで開始。間髪入れずにトランペットパートに、難度の高い高速ハモリパッセージが要求されます(笑)その後高速パッセージは木管楽器へ受け渡されます。この部分ドラムの裏打ちがスピーディーさを失わずに安定感をキープするのがとても大事になります。

その後ホルンのメロディをきっかけに、テンポが落ちスウィング・ジャズのメロディーへ。課題曲とはいえ、ここのサックスを中心としたメロディーパートは自由に歌って吹きたいところです。

その後、またテンポが変わり、ヨコの流れのきれいなメロディーへ。ホルンの裏メロが綺麗に決められるか、が勝負です。この曲はトランペットパートが最も注目されますが、ホルンパートは、パワフルなサウンドと、きれいなサウンドの両方が要求される「影の超重要パート」と言えます。ここが終わるとまたスウィング・ジャズのメロディーに戻りテュッティで盛大に盛り上げます。

そろそろヘトヘト、というところでドラムマーチに導かれ再び冒頭のメロディへ(笑)最後の最後まで力抜くことなかれ。全体の大合奏で盛り上がってフィナーレへ。

冒頭から終曲まで終始盛り上がりっぱなしの最高に楽しい1曲です。

佐渡×シエナの演奏でリバイバルブーム到来~YOUTUBEで聴ける音源~

1974年というかなり昔の課題曲ですが、佐渡×シエナの超高速演奏で近年一躍脚光を浴びます。スピーディーかつ躍動感があり、何より指揮者も奏者も楽しそう!さすがプロという素晴らしい演奏です。

当時の吹奏楽コンクールの演奏としては『高度な技術への指標』を演奏して、中学の部で唯一の金賞を受賞した西宮市立今津中学校が有名です。高校の部ではこの曲を演奏しての金賞受賞は0校だったというから驚き。そもそも中学生がこの曲に挑むことだけで脱帽です。

もう一つよく知られているのが、冒頭からスウィングで演奏した阪急百貨店吹奏楽団。当時関西大会の審査員をしていた岩井直溥が最高点を付け、冗談半分で「だけど、これ、違反じゃないの?」と審査用紙に書いたそうです。(※wikipedia 高度な技術への指標を参照)

『高度な技術への指標』の音源・CDはどこで手に入る?

佐渡裕×シエナ・ウインドのCDに収録されており、amazonと楽天で購入できます。

AmazonMusicでのダウンロードも可能です!1曲だけ購入も可能。
>>ブラスの祭典3をダウンロード購入

超名門吹奏楽部として有名な、精華女子のCDにも収録されています。

こちらもAmazonミュージックでダウンロードできます。
>>挑戦ブラバン少女!をダウンロード購入

『高度な技術への指標』の楽譜はどこで手に入る?

吹奏楽連盟に在庫があれば買えるようです。

>>『高度な技術への指標』の楽譜を見てみる

さて、そんなわけで、『高度な技術への指標』を紹介してきました。演奏会でやるなら1曲目か、自信があって高速でできるならアンコールで演奏されたらシビれますね!挑戦するのにも中々勇気がいりますが、是非演奏してみてくださいね!

※『高度な技術への指標』もランクイン!歴代課題曲ランキングベスト10も是非ご覧ください(・∀・)!

吹奏楽コンクール課題曲の名曲ランキングベスト10

2018.01.13

吹奏楽仲間にシェアする(・∀・)!