『ダイナミカ』~ヤン・ヴァン・デル・ローストの「隠れた名曲」~

『ダイナミカ』~ヤン・ヴァン・デル・ローストの「隠れた名曲」~

今回は『ダイナミカ(Dynamica)』紹介します。

作曲者はヤン・ヴァン・デル・ロースト(Jan Frans Joseph Van der Roost)。吹奏楽をやっている人なら、知らない人はいないでしょう。

人気曲を数々世に送り出しているヤン・ヴァン・デル・ローストですが、今回紹介する『ダイナミカ(Dynamica)』は比較的マイナーな曲とも言えます。

NEC玉川吹奏楽団の委嘱作品であり、日本発の曲でもあります。演奏会でやコンクールで耳にすることはあまりありませんが「隠れた名曲」としてご紹介したいと思います。

作曲者ヤン・ヴァン・デル・ロースト(Jan Frans Joseph Van der Roost)について

作曲者ヤン・ヴァン・デル・ロースト(Jan Frans Joseph Van der Roost)は吹奏楽を代表する作曲家と言えます。1956年ベルギー生まれ、2017年現在ご存命です。日本ではよく略して「ロースト」なんて呼ばれていたりもしますが、 Van der Roostが苗字なので、これは間違いだそうです。

日本でも非常に人気のある作曲家ですが、日本とのゆかりも深く、東京ミュージック&メディアアーツ尚美、名古屋芸術大学、洗足学園音楽大学の客員教授も務めたそうです。

同じベルギー出身で、これまた吹奏楽のヒットメーカー、ベルト・アッペルモントは、レメンス音楽院での彼の教え子だそうです。

挙げればきりがないですが、『ダイナミカ』の他にも

『カンタベリー・コラール (Canterbury Chorale) 』
『リクディム〜4つのイスラエル舞曲 (Rikudim -Four Israeli Folk Dances-) 』
『プスタ〜4つのジプシー舞曲 (PUSZTA -Four Gipsydances-) 』
『交響詩「スパルタクス」 (Spartacus -Symphonic Tone Poem-)』
『フラッシング・ウィンズ (Flashing Winds) 』
『祝典序曲「オリンピカ」 (Olympica) 』
『マーキュリー (Mercury)』
『アルセナール (Arsenal)』

などなど、たくさんの人気曲を生み出しています。

『ダイナミカ(Dynamica)』はどんな曲?

この曲は、ズバリ演奏会のオープニングに演奏したい、聴きたい曲です。

冒頭、金管楽器の華やかかつ重厚なファンファーレで幕を開けます。その後、ティンパニをきっかけに木管のゆったりとしたメロディーへ、それをホルンが受け継いでいきます。金管木管が合流し、メロディーを演奏した後、冒頭のファンファーレへ戻ります。

その後、場面が展開。打楽器のリズムをバックに、クラリネットをメインにリズミカルなフレーズが演奏されます。金管楽器も合流し、盛り上がりを見せた後、また冒頭のゆったりとしたメロディーに戻ります。

そして、またも場面展開。木管の指回しをメインにした新しいフレーズが登場します。曲の中で、様々な場面展開があり、色彩豊かであることもこの曲の大きな魅力です。

その後、冒頭のメロディーに戻り、その後再度ファンファーレを演奏したあとに華やかなフィナーレに突入します。何度も繰り返される冒頭のファンファーレは曲の終盤にも登場し、金管楽器には酷ですが、後半にへたることなく吹ききれるかが、この曲のポイントとも言えます。

隠れた名曲をネット音源で~YOUTUBEで聴ける音源~

演奏団体は不明ですが、プロの演奏と思われます。

『ダイナミカ(Dynamica)』の音源・CDはどこで手に入る?

NEC玉川吹奏楽団の演奏が、amazonと楽天で手に入ります。

『ダイナミカ(Dynamica)』の楽譜はどこで手に入る?

楽譜ネットで購入できます!『ダイナミカ(Dynamica)』は2000円以上の楽譜なので送料無料になります!

>>楽譜ネットで『ダイナミカ(Dynamica)』の楽譜をみてみる

その他の吹奏楽譜面も楽譜ネットなら大抵みつかりますので、見てみてくださいね。


さて、そんなわけで、『ダイナミカ(Dynamica)』を紹介してきました。中々演奏会では見かけない曲ですので、演奏会のプログラムにあると、吹奏楽マニアを喜ばせる1曲かもしれません。是非演奏してみてくださいね。

※『ダイナミカ』もランクイン!吹奏楽名曲ランキングベスト10も是非ご覧ください(・∀・)!

吹奏楽の名曲ランキングベスト10~吹奏楽オリジナル編~

2017.11.11

吹奏楽仲間にシェアする(・∀・)!