『エル・クンバンチェロ』~吹奏楽ポップスで愛されるラテンの名曲~

『エル・クンバンチェロ』~吹奏楽ポップスで愛されるラテンの名曲~

吹奏楽ポップスの名曲シリーズ。

今回は、吹奏楽の人気曲で、高校野球の応援曲としても知られるラテンの名曲『エル・クンバンチェロ』をご紹介いたします。

吹奏楽曲『エル・クンバンチェロ』の原曲は?

『エル・クンバンチェロ』 (El Cumbanchero)はプエルトリコの作曲家、ラファエル・エルナンデス(Rafael Hernández Marín)の曲。

ラファエル・エルナンデスは1892年生まれで、第一次世界大戦の頃にはアメリカ、ノースカロライナ州でミュージシャンとして働いており、大戦後はニューヨークに居を構え、同郷プエルトリコ出身の作曲家ペドロ・フローレスらとトリオ・ボリンカーノ(Trio Borincano)を結成し、活動していました。

なお曲名の『エル・クンバンチェロ』は「太鼓を叩いてお祭り騒ぎをする人々」という意味だそうです。

『エル・クンバンチェロ』はどんな曲?

吹奏楽版の『エル・クンバンチェロ』は1995年のNew Sounds in Brass(ニュー・サウンズ・イン・ブラス)第23集で登場します。

編曲は、吹奏楽界のレジェンド岩井直溥さんです。

冒頭からラテン全開!ラテンパーカッションのソロから開始。

この冒頭にある意味の難所、掛け声が待ち受けます(笑)

「クンバチェロ!」「エル・クンバクンバチェロー!」と2回の掛け声が入りますが、ここを恥ずかしがったり、誰かに押し付けてやる気のない状態で中途半端にやると、スベること間違いナシなので、やらないか、思いっきりやるか、どちらかにしましょう(笑)

この掛け声が終わると、テンポアップして、トランペットを中心としたスピーディーな連符へ。

その後、ピッコロ、フルート、ファゴットにより、主題が奏でられ、その後メロディーは金管楽器へ受け渡されます。

繰り返しの際には、木管が合いの手をいれますが、ここの連符が意外と細かくて難しい。

シングルタンギングではギリギリの連符ですが、決まるととてもかっこいいです!

その後は、木管と金管の掛け合い。金管楽器はかなり音が高くなりますが、ここのポイントは一つ一つの音符ははっきり吹きたいのですが、短くなり過ぎないこと

短すぎると息切れしているように聴こえてしまいます。

その後、メロディーはトロンボーンへ。ここはかなりの聴かせどころなので、スタンドプレーで豪快に吹きたいところですね!

トロンボーンのメロディーが終わると、ラテン曲ならではと言えるかもしれませが、ピッコロとフルートにソロが回ってきます

終盤は、前半のメロディーを微妙に変奏しながら、パーカッションの盛り上げと共に、管楽器もパワー全開のフレーズが続き、盛大にフィナーレを迎えます。

ホルン(とサックス)には終盤に派手な咆哮がありますので、ここもバッチリ決めたいところですね。

野球応援でも有名な『エル・クンバンチェロ』~YOUTUBEで聴ける音源①~

次に、ネットで聴ける音源をご紹介します。

まずは、ニュー・サウンズ、東京佼成ウインドの演奏から。

次に、全国大会にも出場しているNEC玉川吹奏楽団の演奏。

指揮は編曲者の岩井直溥さん、そしてドラムはプロドラマーの阿野次男さん。

次に野球応援Ver。野球応援といえば、やはり習志野高校。

高速の『エル・クンバンチェロ』です。

原曲Ver『エル・クンバンチェロ』~YOUTUBEで聴ける音源②~

様々にアレンジがなされている曲のようなので、「原曲」という言い方が正しいかわかりませんが、ご紹介します。

元々は歌詞のついた曲のようで、トランペットは原曲でも非常に重要な役割を担っています。

『エル・クンバンチェロ』の音源・CDはどこで手に入る?

2012年に発売されたニュー・サウンズのスーパーベスト、ベスト吹奏楽100に収録されています。

『エル・クンバンチェロ』の楽譜はどこで手に入る?

楽譜ネットで購入できます!『エル・クンバンチェロ』は2000円以上の楽譜なので、送料無料になります!

>>楽譜ネットで『エル・クンバンチェロ』の楽譜を見てみる

その他の吹奏楽譜面も楽譜ネットなら大抵みつかりますので、楽譜を探す際は見てみてくださいね。

ということで、『エル・クンバンチェロ』をご紹介いたしました。

オープニングや、アンコールでやっても盛り上がる曲です。是非演奏してみてくださいね(・∀・)!

※『エル・クンバンチェロ』もランクイン!吹奏楽ポップスの名曲ランキングベスト10も是非ご覧ください(・∀・)!

吹奏楽ポップスの名曲ランキングベスト10

2018.03.03

吹奏楽仲間にシェアする(・∀・)!