『喜歌劇「メリー・ウィドウ」セレクション』〜明るく楽しいオペレッタを吹奏楽で再現〜

『喜歌劇「メリー・ウィドウ」セレクション』〜明るく楽しいオペレッタを吹奏楽で再現〜

吹奏楽の名曲シリーズ。

今回は、陽気な未亡人が主人公の明るいオペレッタが吹奏楽になった、『喜歌劇「メリー・ウィドウ」セレクション

(The Merry Widow Selections)をご紹介したいと思います。

『喜歌劇「メリー・ウィドウ」セレクション』はどんな曲?

まずは、楽曲の元になっている作品について。

喜歌劇「メリー・ウィドウ」は、ドイツ・オーストリアで活躍した作曲家フランツ・レハールFranz Lehár)の手がけたオペレッタ作品です。

メリー(Merry)=明るい、ウィドウ(Widow)=寡婦という意味で、「メリー・ウィドウ」は日本語訳で「陽気な未亡人」となります。

オペレッタ作品「メリー・ウィドウ」のストーリー

舞台は20世紀初頭のパリ。

ポンテヴェドロ公使館(架空の小国)では、国王の誕生祝賀パーティが開かれています。

パーティに出席したハンナ・グラヴァリ未亡人は、たくさんのパリジャンに口説かれます。

結婚した8日後に夫を亡くしたハンナですが、その亡夫はポンデヴェドロの老富豪であったため、莫大な財産を相続していたのです。

パリ駐在公使であるツェータ男爵は、ハンナが外国の男と結婚して財産が他国へ流れることを恐れ、ハンナの元恋人で大使館の書記官でもあるダニロに、ヨリを戻すように仕向けます。

ダニロは、別れたハンナのことが忘れられずキャバレーに入り浸り、この日のパーティにも泥酔状態で登場したほど。

相手への気持ちを自覚しつつも素直になれない二人。

一方、ツェータ男爵の妻ヴァランシエンヌは伊達男カミーユに言い寄られ、浮気疑惑が勃発…!?

すれ違う大人の恋を、素敵な音楽と歌とダンスが彩る、明るく愉快なオペレッタです。

『喜歌劇「メリー・ウィドウ」セレクション』、楽曲のポイントは?

オペレッタ「メリー・ウィドウ」の名場面を切り取り、吹奏楽にアレンジしたのが、『喜歌劇「メリー・ウィドウ」セレクション(The Merry Widow Selections)』です。

編曲は、オペレッタ作品の編曲を数多く手掛ける鈴木英史氏。

小編成版と大編成版、2種類の楽譜がありますので、楽団の規模に応じて選びましょう。

演奏時間は約8分20秒、グレードは4です。

 

これから始まるドタバタラブコメディーを象徴するような、華やかで賑やかなオープニング。

貴族たちのパーティらしい、きらびやかなイメージの曲調が続きます。

中間部はオペレッタでも注目のシーン、ハンナが故郷ポンテヴェドロを想って歌う「ヴィリアの歌」

優しく美しいアリアの旋律が、鍵盤楽器から管楽器へと繋がっていきます。

終盤は快活な雰囲気に戻り、めまぐるしくもハッピーエンドを喜ぶ明るいフィナーレです。

特徴的な打楽器やトランペットのミュート、トロンボーンのグリッサンドなどが喜劇らしい楽しさを演出しています。

縦をしっかり揃えるなど技術面は大切ですが、楽しく伸びやかに演奏できるといいと思います。

『喜歌劇「メリー・ウィドウ」セレクション』~YouTubeで聴ける音源~

松山市立椿中学校のコンクールの演奏です。

2001年全国大会で金賞を獲った名演です。

中学前半の部で、同率2位の2校と15もの点差をつけた堂々の1位でした。

技術の高さはもちろんのこと、躍動感があり緩急も効いた、本当に素晴らしい演奏です!

ベーシックな音源としては、こちらをご参考ください。

こちらはサックスアンサンブル(四重奏)の演奏です。

他にもユーフォ&チューバの音源もありますので、気になる方は見てみてくださいね。

『喜歌劇「メリー・ウィドウ」セレクション』音源・CDはどこで手に入る?

¥2,445 (2021/09/20 10:41:42時点 Amazon調べ-詳細)

小編成ええとこどり『喜歌劇「メリー・ウィドウ」セレクション』

フィルハーモニック・ウインズ・大阪(通称オオサカン)の演奏をまとめたCD。

タイトル曲である『喜歌劇「メリー・ウィドウ」セレクション』は、編曲者である鈴木英史氏が、「今まで聴いた演奏の中で1番音楽の力の強い感動の演奏」と絶賛した演奏だそうです。

櫛田 胅之扶『元禄』、ジェームス・スウェアリンジェン(James Swearingen)の『セレブレーション~管楽器と打楽器のための(Celebration for Winds and Percussion)』、そのほか福島弘和、酒井格、樽屋雅徳などの楽曲も収録されています。

ブレーン・ブラスバンド・コレクション Vol.1 – 喜歌劇「メリー・ウィドウ」セレクション(ブラスバンド版)

邦人作編曲の作品を集めた金管バンドアレンジのアルバム。

『「メリー・ウィドウ」セレクション』もブラスバンド版であることにご注意ください。

ほかにも、『ゴールド・ラッシュ!』(髙橋伸哉)、『バルトークのルーマニア民族舞曲』(編曲:戸田顕)、『ケルト民謡による組曲』(編曲:建部知弘)、『プリマヴェーラ-美しき山の息吹き』(八木澤教司)などの楽曲が収録されていて、バラエティに富んだ選曲になっています。

¥250 (2021/09/20 06:50:43時点 Amazon調べ-詳細)

Amazon Prime会員は、無料で全国コンクールの名演を聴くこともできます。

『喜歌劇「メリー・ウィドウ」セレクション』の楽譜はどこで手に入る?

『喜歌劇「メリー・ウィドウ」セレクション』の吹奏楽譜の購入は、ブレーン出版社などのホームページをご確認ください。

楽譜ネットでは、『喜歌劇「メリー・ウィドウ」よりヴィリアの歌』の楽譜やアンサンブル譜が購入できます。

>>楽譜ネットで『喜歌劇「メリー・ウィドウ」よりヴィリアの歌』の楽譜を見てみる

こちらは2000円以上の楽譜なので、送料無料になります。

楽譜ネットでは数多くの吹奏楽譜やアンサンブル譜が取り揃えられていますので、チェックしてみてくださいね。


演奏する側が楽しいだけでなく、聴いた人も笑顔になれる素敵な楽曲です。

華やかなオペレッタを再現するように、楽しんで演奏してくださいね。

吹奏楽仲間にシェアする(・∀・)!