行進曲「K点を越えて」~時代を越えて愛される課題曲マーチの傑作~

行進曲「K点を越えて」 ~時代を越えて愛される課題曲マーチの最高傑作~

吹奏楽の名曲、人気曲、吹奏楽コンクール課題曲編。今回は(個人の主観ではありますがw)課題曲マーチ史上最高の名曲、行進曲「K点を越えて」 をご紹介します。

行進曲「K点を越えて」はいつの課題曲?

作曲者は高橋伸哉(Shinya Takahashi)、平成11年度(1999年) 第47回 全日本吹奏楽コンクールの課題曲Ⅳです。

ちなみにこの年のその他の課題曲は、

Ⅰ 『マーチ・グリーン・フォレスト』(内藤淳一)
Ⅱ 『レイディアント・マーチ』(今井聡)
Ⅲ 行進曲「エンブレムズ」(正門研一)

という感じ。まだ1年ごとに交互にマーチとマーチ以外の課題曲、という繰り返しの時期なので、すべてマーチ課題曲となります。

行進曲「K点を越えて」はどんな曲?

「K点を越えて」のK点は、スキージャンプ競技の用語「Kritisch Punkt(英語だとCritical Point)」です。

これ以上の距離を飛ぶと危険であるという意味で「極限点」を意味するそうですが、「K点越えジャンプ」と言えばスキージャンプ競技においては、まさに勝負を分ける大ジャンプを指します。

この曲は1999年の課題曲ですが、前年の「長野冬季オリンピック」、日本中を熱狂させた日本のスキージャンプチームの活躍がテーマになっており、私のように生でこのオリンピックを見ていながら、吹奏楽でこの曲に触れた世代は、思い入れも2倍の曲なのではないでしょうか。

冒頭、金管楽器の華やかかつスピード感のあるファンファーレで始まり(ちょっとブロックM似ている。笑)、疾走感のある爽やかなメロディーが木管楽器を中心に展開されます。

非常にベーシックなマーチの構成で、その後トロンボーンのメロディーが続き、主題に戻った後、中間部のトリオ(Trio)へとつながっていきます。

このトリオ(Trio)は木管楽器のユニゾンのメロディーを中心に進行しますが、フレーズ感・歌いの一体感が非常に重要な、まさにこの曲の肝の部分と言えます。

メロディーを担当する全員が、長いフレーズ感をもって演奏できるととても良いと思います。後ほど触れますが、伊奈学園の演奏はこの部分の演奏が秀逸です。

また、このトリオ(Trio)におけるもう一つのポイントはトランペットパートのベルトーンです。ここを力いっぱい吹くのではなく、さらっとベルトーンが決められると非常にかっこいいです。当時コンクール会場でこの曲は何度も聴きましたが、うまい団体とそうでない団体の差が出るのが、この部分だなあと感じたのを覚えています。

トリオ(Trio)が終わると、そこから再度主題にもどり終曲へ向かいます。最後のポイントはトロンボーン、ユーフォニウムのパワフルな裏メロディ。パワフルなだけでなく、はずむように演奏できると、最後まで疾走感を失わずにステキな演奏になると思います!

吹奏楽名門校による「K点を越えて」の名演~YOUTUBEで聴ける音源~

人気曲だけあって、ネットには様々な音源がありますが、私の一番のおすすめは吹奏楽の名門校、伊奈学園総合高校による演奏です。

特に中間部のトリオ(Trio)が素晴らしいです。バンド全体のサウンドが、一糸乱れぬ一つのうねりのようになっていて、思わず引き込まれてしまいます。アマチュア吹奏楽の一つの完成系と言える、素晴らしい演奏です。

その他、淀川工業高校や、福工大附属高校の演奏もあります。

また、通常の参考音源の演奏もあります。

また番外編ですが、、リコーダーの多重奏の演奏があり、非常に興味深い演奏ですので是非聴いてみてください。

行進曲「K点を越えて」の音源・CDはどこで手に入る?

amazonと楽天で、東京佼成ウインドオーケストラの参考演奏CDが手に入ります。98年~01年の課題曲が収録されていますが、

98年:稲穂の波
00年: 吹奏楽の為の序曲
01年:式典のための行進曲「栄光をたたえて」

などなど、課題曲の当たり年ですね。

行進曲「K点を越えて」の楽譜はどこで手に入る?

吹奏楽連盟に在庫があれば買えるようです。

>>行進曲「K点を越えて」の楽譜を見てみる

さて、そんなわけで、行進曲「K点を越えて」を紹介してきました。演奏会のプログラムではアンコールで取り上げるのもよいかもしれません!是非演奏してみてくださいね。

※行進曲「K点を越えて」もランクイン!歴代課題曲ランキングベスト10も是非ご覧ください(・∀・)!

吹奏楽コンクール課題曲の名曲ランキングベスト10

2018.01.13

吹奏楽仲間にシェアする(・∀・)!